錯覚トリックキットを買ってみた。

2019年12月25日

錯覚トリックキットを買ってみた。

最近、錯覚がテレビや雑誌でよく見かけるようになって、気になったので、
 「錯覚トリックキット」幻冬舎 を買ってみました。
著者は、杉原 厚吉という東京大学の教授です。
テレビでもたまに見かける錯覚の世界では有名な人らしい。

コンピュータが発達し、CGや計算で錯覚の研究が進み、
3Dプリンタも登場して簡単に立体物が作成できるようになり、
昔より、色々な種類の錯覚を利用した表現が可能になったようです。

「錯覚トリックキット」の中身は紙のシートと取説が入っています。
自分で紙のシートを切って、テープや糊で貼って工作して、立体物を作成します。
それを鏡で反射させてみると、思いもよらないように形状に見えたりします。

四角が鏡に映ると三角になったり、
鏡に映すと消えて見えたりします。

錯覚トリックキット.jpg


なかなか面白かったです。
子供の自由研究にも使えるかも。。

posted by shechews at 22:48 | Comment(0) | おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。